言い回し

ちょっとだけ下品な言葉使い?

おそらく皆さんお気づきかと思いますが、ネイティブの日常会話では「Cuss Words」や「Swear words」と言われる、いわゆる下品で汚い言葉(FuckやShitなどの罵り言葉)を使うのは珍しいことではありません。というか、友達同士の

「楽しみ!」=「I’m looking forward to」から卒業しよう

「〜が楽しみ」と英語で言う場合、恐らく多くの人が「I’m looking forward to」または「I look forward to」のフレーズを使って表現しているかと思います。特に日本の方はその傾向が強いように感じます。

「楽しみ!」=「I’m looking forward to」から卒業しよう

「〜が楽しみ」と英語で言う場合、恐らく多くの人が「I’m looking forward to」または「I look forward to」のフレーズを使って表現しているかと思います。特に日本の方はその傾向が強いように感じます。

「時間を見つける・つくる」「時間がある・ない」を英語で言うと

日本語では「〜の時間を取る」や「〜の時間をつくる」、または「〜する時間がない」など時間の扱い方に関する様々な言い回しがありますが、英語も同様に表現の仕方は沢山あります。しかし、表現の仕方によって微妙にニュアンスが違ってくるので、しっかり自分

「天狗になる」や「自惚れる」を英語で

日本語では、大きな顔をして偉そうに自分の自慢をしたりするような人を「天狗になる」や「自惚れる」と表現しますが、英語でもそれと似たような表現がいくつかあるのでご紹介しようと思います。 1) Get/Become big-headed →「天狗

ネイティブが「Goodbye」の代わりによく言う定番フレーズ

友達との別れ際の挨拶といえば「Goodbye」や「Bye」が定番かと思います。しかし、毎回毎回同じ表現をすることに飽きてきた方も少なくないでしょう。そこで今回は、「Bye」と同じ意味としてネイティブがよく口にする定番フレーズ5つをご紹介しま

バーで使う独特の英語表現

レストランで店員さんと交わす英語については、既に多くの教材やサイトで紹介さているので、特に問題ないなくこなせる人も多いかと思います。そこで今回はバーでバーテンダーと交わす英語について触れてみたいと思います。バーにはバー特有の言い回しが存在す

「Do you know」の敬語!?

先日のポッドキャスト第122回では「英語に敬語はない?」というテーマを取り上げましたが、皆さんはどのようにお考えでしょうか?確かに、英語では日本語の敬語のような明確な区別はされていません。しかし、意味は同じでも、状況に適した表現や言い回しが

5b8451b048fbdcaeafa22b8cca358cc1.jpg

Reallyより使える「マジで?」を表す英語

皆さんは驚いた時にはどんな英語の表現を使うでしょうか? ”Really?”(本当に?)は、よくご存じかと思いますが、驚嘆を表す表現としては少し平坦な感じがします。今日は、あり得ないシチュエーションに遭遇した時に使える言い回しを見てみましょう。

drink like a fishはどういう意味でしょうか? ー 魚が入った英語のフレーズ

英語には、日本語と同様に、魚を使った言い回しがたくさんあります。今回、三つの表現を紹介したいと思います。

1 2 3 4 8