状況

状況によって上手く使い分ける「ちょっといい?」の英語

誰かに話しかける際に「ちょっといい?」と一声かけることはよくあると思いますが、英語でも日本語と同様、ある種のお決まりフレーズが存在します。そこで今回は、3つの状況における最も代表的な言い回しをご紹介いたします。 1) Do you have

「それにしよう」や「そうしよう」は英語で?

友達と外食先のお店を決めるときや、レストランやカフェで注文をするときに、友達が「ここはどう?」や「これはどう?」と提案してきたことに対して同調する場合、日本語では「そこにしよう」や「そうしよう」と表現しますが、これを英語ではどのように言うの

「気付く」は英語で、Recognize?Realize? Notice?使い分けできてますか?

今回は「気付く」を意味する「Recognize」「Realize」「Notice」について。3つとも似たニュアンスを持つ単語ですが、場面によってそれぞれ使い方と意味が異なります。状況に応じて適切な表現を使えるようになりましょう! Recog

「高齢者・お年寄り」は英語で「Old people」?

「高齢者」や「年配の方」を英語でどのように表現していますか?「Old people」が真っ先に頭に浮かぶ人は少なくないでしょう。Old peopleは決して間違いではなく、問題なく意味も通じるでしょう。しかし、状況によっては不適切な表現にな

「意見が一致する」と「合意に至る」は英語で?

ビジネスにおける交渉や取引、またはミーティングの状況で、お互いの意見や考えが一致したり、交渉が合意に達っしたりすることを表すのにピッタリの英表現をご紹介いたします。 1) See eye to eye →「意見・気持ちが一致する」 この表現

「他人事ではない」は英語で?

日本語の「他人事じゃない」は、英語ではどのように言うのが自然でしょうか? It could happen to anyone. この表現は、不幸な状況や悲惨な事故などの話を聞いた際に、その出来事が自分の身にも起こってもおかしくないと言う場合

「In the same boat」の意味と使い方

「I’m in the same boat」直訳すると「私も同じ船に乗っています」になりますが、相手と同じ問題を抱えたり、同じような苦労をして共感できる気持ちを表す便利なフレーズです。「Boat(船)」を「困難な状況」として考え

ビジネスシーンの「対応します」や「対処します」は英語で?

日本のビジネスシーンでは、「私が対応します」や「この問題は私が対処します」など、「対応する」や「対処する」と言う言葉をよく使いますが、英語ではそれらの表現に相当する言い回しが非常に多く存在します。そこで今回は、(ロサンゼルス出身の)アメリカ

本名以外の呼び名があるなら、英語ではこう言う

英語で自己紹介をする際、自分の名前をきちんと発音してもらえなかったり、覚えてもらえなかった経験はありませんか?実は、アメリカ人にとって、日本人の名前は発音するのが難しいことがよくあります。今回のコラムでは、そんな状況で名前を省略したりニック

便利フレーズ「I’m good」を覚えておこう!

ネイティブの人と話す機会の多い人なら既にお気づきかと思いますが、「I’m good」という表現はネイティブが会話のなかで非常によく使うフレーズの1つです。日常生活において使える状況は沢山あり、且つとても便利で使い方も簡単なので、

1 2 3 4 5 19