状況

「Speak」と「Talk」の違いについて

「Speak」と「Talk」は両方とも「話す」を意味する言葉です。基本的に大きな違いはなく、どちらを使っても問題はありませんが、状況によりナチュラルで好ましい言い方があるのも事実です。今日はこれらを使用するにあったて適したシチュエーションを

「See」「 look」「watch」の使い分けルール

英語を勉強している多くの人を困らせる「See」「Look」「Watch」の使い分け。日本語では全て「見る」なのに、英語では状況に応じて使い分けられている・・・。今回はそれらを簡単に使い分けできるルールをご紹介します! See 無意識に見たり

「天狗になる」や「自惚れる」は英語で?

いい気になって自慢をする人を「てんぐになる」と言いますが、英語では「天狗」の代わりに「頭」という言葉を使って、うぬぼれた人を表します。また、一般的に「自惚れた人」はネガティブな意味合いを持ちますが、「自信に満ちあふれている」ポジティブな英語

「上司」「部下」「同僚」のナチュラルな英語

日本は上下関係が厳しい社会なので、会社では「上司」や「部下」など立場を示した言い方をよくすると思います。辞書を調べると「上司」は「Superior」、「部下」は「Subordinate」と訳されていますが、実はアメリカではあまり耳にしない表

「In the same boat」の意味と使い方

「I’m in the same boat」直訳すると「私も同じ船に乗っています」になりますが、相手と同じ問題を抱えたり、同じような苦労をして共感できる気持ちを表す便利なフレーズです。「Boat(船)」を「困難な状況」として考え

「Fill in」と「Fill out」の意味と使い分け

今日は「Fill in」と「Fill out」の違いについて説明します。両方とも、申し込み用紙などの書類に「記入する」や「書き込む」の意味になりますが、状況によって若干使い方が異なります。 Fill in 氏名や住所など書類の一部(1項目)

『そろそろ行きましょうか』 は英語で何て言う?

友達と食事も終わり、終電も近づいてきた・・・ 『そろそろ行きましょうか』 は英語で何て言う? 【Shall we get going?】 (そろそろ行きましょうか) 帰りの合図を示す簡単な決まり文句です。「Shall we go?」でもOK

1 12 13 14 15