小説

覚えておきたい「Interjections」(Part.1)

今回のコラムでは、喜びや悲しみ、驚きや怒りなどの感情を表す時に使われるInterjections(感動詞・間投詞)をご紹介します。感動詞とは、日本語の「あっ」や「うわっ」など自然と思わず口に出る言葉で擬声語とよく似たもので、一般的にメールや

小説の英語 – 和英辞典

小説 英語、小説の意味と小説を使ったフレーズ|a printed and bound book that is an extended work of fiction; his bookcases were filled with nothing but novels; he burned all the novels|an extended fictional work in prose; usually in the form of a story

4ab92028b91f879cdcb2167f072d6440.jpg

放送禁止ギリギリ!英語ネイティブがよく使う悪口表現まとめ

ドラマや映画でよく出てくる翻訳に「クソ野郎!」や「クソ女!」とありますが…実際怒ってるときに「クソ野郎!」と思うことはありませんよね(笑)今回は、実際に私たちが使う言葉の表現で悪口をご紹介したいと思います。あなたの周りにいる人を思い浮かべながら読むときっと面白いですよ!(笑)

趣味の読書を外国人と共有する!好きな本を語るための英語

共通の本を読むことで、相手との距離が縮まることがあります。今回は、自分のおすすめの本を相手に紹介する会話のフレーズを紹介します。

Thumbnail-13Aug02.jpg

ヘレン・ケラー「世界は苦しいことでいっぱいだけれども、それに…」|名言で学ぶ英語

今日の「名言で学ぶ英語」はヘレン・ケラーの名言を紹介します。 ヘレン・ケラーと言えば誰もが小さい頃に一度は伝記を小説や漫画で読んだことがあるのではないでしょうか。 視覚と聴覚に障害を持っていた彼女だからこそ言えるすごく重みのある言葉を彼女はたくさん残しています。 今日はその中から「世界は苦しいことでいっぱ