家族

「さすが」は英語で?

アメリカには褒める文化が根付いており、褒め言葉を聞くことは日常茶飯事です。家族や友人、ビジネス仲間や、時には赤の他人でもとにかく相手を褒めます。そこで今回は、相手を褒める時によく使う「さすがだね!」のフレーズをいくつかご紹介します。 1)

「仲がいいです」や「うまくやっています」は英語で?

「会社の同僚と仲がいいです」や「義理の両親とうまくやっています」など良好な人間関係を築いていることを、英語ではどのように表現したらよいのでしょうか? Get along with 人と良い関係にあることを表現する際によく使われるフレーズで、

アメリカ人は「Shall I 〜 / Shall we 〜」とほとんど言わない?

「(一緒に)〜しましょうか?」を「Shall I / Shall we」と表すことができますが、実際のところアメリカ人の日常会話では「Shall」を使う事は少ないんです。ではアメリカ人はどのようにを表現するのか??カジュアル&丁寧な言い方に

おもてなしフレーズ「Show someone a good time」

今回のコラムでは、遠方から遊びにくる家族や友人を観光地に案内したり、有名なお店に連れて行ったりするなどして色々と気配りしてあげることを伝えるのにピッタリの表現「Show someone a good time」について簡単に触れてみようと思

状況に応じた「おめでとう」を英語で表現

一般的に「おめでとう」は英語で「Congratulations」と言いますが、他にも言い方はたくさんあります。そこで今回は、一般的な「おめでとう」の他に、ビジネスやスピーチ、誕生日や新年の挨拶に使われる「おめでとうの」定番表現をご紹介します

ネイティブの口癖「Huh」

ネイティブは会話の中で「Huh」という言葉を頻繁に使います。Huhは、怒りやイライラを表したり、同意を求めたり、相づちとしてなど、非常に多くの状況で使える便利な一言です。しかし使い方によっては、失礼な印象にとらわれる場合もあるので注意が必要

1361439971.jpg

クリスマスメッセージやカードに使いたい英語の例文48撰

12月になり、街全体がクリスマスムードに包まれます。そんな季節に、外国人の友人に気のきいたクリスマスメッセージを送りたいですよね?今回は、クリスマスの掛け声からクリスマスカードやメール、SNSなどで使えるメッセージの例文をご紹介します。

ネイティブが「〜など」や「〜とか」と言うときの定番フレーズ

「〜など」を英語で表現する際、皆さんはどのように表現していますか?個人的な感想としては、日本の方は「and so on」や「and so forth」をよく使う傾向があるように感じます。もちろん間違いではないのですが、ネイティブの日常会話、

「お邪魔します」「お邪魔しました」は英語で?

日本では友達や親戚の家の中に入る前に「お邪魔します」と言いますが、アメリカでは、招待された人との関係やイベントによって、家に入る時と出る時に使われる挨拶が異なります。 お邪魔します Thank you for inviting me →「お

「おごる」や「ご馳走する」は英語で?

これまで多くの生徒さんから質問があった「おごる」や「ご馳走する」の英語についてご紹介いたします。夕食をご馳走したり、お酒をおごったり、状況に応じた適切な表現をマスターしましょう! 食事/飲み物をおごる場合 1) I’ll get

1 2 3 4