提案時に使える「ちょっと付け加えたいのですが」は英語で?

相手の発言や意見に対して、自分の考えや提案を述べる時に日本語では「ちょっと付け加えてもいいですか?」とワンクッションを置いて会話を始めることがよくありますが、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか? I’d like to

「規則どおりにやる」や「規則に従う」は英語で?

きちんとルールを守って物事を規則通りに行うことを表現する場合に、ネイティブがよく口にする代表的な言い回し2パターンをご紹介いたします。 1) Go by the book →「規則どおりにやる」 直訳は「本に従って行く」になることからもイメ

「ついてない」や「残念」は英語で?

何か不運な出来事に遭遇した時に「ついてない」と口にしたい場合、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか? It was a tough break. 「Tough break」は、一言で言えば「不運」を意味します。順調に進んでいた物事が

「Busy(忙しい)」の表現に飽きた方へ

忙しいことを「I’m busy」のように「Busy」を使って表現することを知らない人はいないかと思います。しかし、毎回「Busy」を使って同じ言い回しをしている自分に嫌気がさしたことはありませんか?「忙しい」は誰でも頻繁に口にす

ミーティングの第一声に、ネイティブがよく口にする英語表現

仕事でミーティングや会議行う際、まずはミーティングの開催目的や議論テーマについて述べてから会議を開始することが一般的でしょう。そこで今回は、そのような状況でネイティブがよく口にする3つの定番フレーズをご紹介しようと思います。 1) We a

ミーティングの第一声に、ネイティブがよく口にする英語表現

仕事でミーティングや会議行う際、まずはミーティングの開催目的や議論テーマについて述べてから会議を開始することが一般的でしょう。そこで今回は、そのような状況でネイティブがよく口にする3つの定番フレーズをご紹介しようと思います。 1) We a

「別腹」や「腹八分目」の英語の言い方

日常生活の食事シーンにおいて「デザートは別腹」や「健康のために腹八分目しておこう」などの台詞は多くの方がよく口にする定番フレーズとなっているのではないでしょうか?そこで今回は、別腹と腹八分を英語で表現する場合の言い方をご紹介いたします。 1

「Looking forward to」の使い方と「Look forward to」との違い

日常生活でもビジネスシーンでも誰もがよく口にする「〜を楽しみにしています」。英語で「I’m looking forward to」と表現するのはご存知かと思いますが、意外とその用法を間違えている人が多く感じますので、今回はそれについて触れて

「If」や「For example」よりも「Let’s say」?

例え話をする場合、「If」や「For example」を使って表現することはご存知かと思いますが、それと同等・・・いや、もしかしたらそれ以上の頻度でネイティブが例え話をする時に口にする表現が「Let’s say」なんです。今回はそんな「Le

Thats-life-resized.jpg

「しょうがない」は英語でなんというでしょう – 英語 with Luke英語 with Luke

日本人は嫌なことにあって仕方がない時によく「人生はそういうものだ。」や「しょうがいないね。」と言うでしょう。英語では、That’s life.というフレーズをよく使います。That’s life.は人を慰める時や自分を励ます時に使います。「そんなに悩まないで人生を歩もう」と思いながら口に出す人が多くいます。

1 2 3 4 9