単語

1247-650x426.jpg

“-able” でビックリ これも英語だった!

和製英語は数あれど、今回は「それって英語だったの?」と、私が個人的にビックリした、ある「物の名前」のお話をしたいと思います。 英語なのかそうでないのかって、カタカナで書かれていると分かりにくいですよね。 でも、今回紹介する単語が英語だと知っている人はそんなにいないかもしれません… 語尾に

「Another」と「Other」の違いと使い分け

今日は多くのと人が間違えがちな「another」と「other」の使い分けについてご紹介します。両方とも直訳は「他の」や「別の」となり、日本語では使い分けがされないため混乱しがちかと思いますが、一度ルールを覚えてしまえば意外と簡単に区別でき

「Almost」と「Most」の違いと使い分け

AlmostとMostはどちらにも「ほとんど」という意味があるのはみなさんご存知だと思います。では、この2つの単語の使い分けはできますか?同じ「ほとんど」でもそれぞれ使い方が異なります。 1) Almost →「もう少しで / もうすぐ」

英語でゼロを言うことはびっくりするほど複雑です。

僕の気のせいかもしれませんが、日本人はゼロと言う時に、世代によって違う単語を使うような気がします。年長者には「まる」と言う傾向に対し、若者は「ゼロ」と言う傾向があります。英語では、零を表す単語は三つあります。それはzero、nought、ohです。しかし、国によってゼロを表す単語は異なります。たとえば、イギリス人はよくnoughtとohを使う一方で、アメリカ人はよくzeroを使います。以下の電話番号を例にみてみましょう。

文末にくる「Though」の役割

ネイティブの会話の中で、文章の最後に「though」という単語を付け加えている場合があるのはお気づきでしょうか?気づいてはいるが、どのような意味合いとして使っているのか疑問に思ったことのある方も少なくないのでは?英会話をより自然にする1つの

amenは賛美歌だけではなく日常会話でも使えます

amen は 「そうありますように」を意味する古代ヘブライ語の単語です。キリスト教徒はamenを賛美歌やお祈りの時に使います。特に、お祈りを結ぶ時に唱えます。

「I’m going to America in this summer」は間違った英文です

タイトルにもあるとおり「I’m going to America in this summer. (私はこの夏にアメリカへ行きます。) 」は間違った英文なのですが、どこが間違えているかお分かりになりますか? 正しくは「I&#82

3190-650x385.jpg

イギリス英語とアメリカ英語 音の違い

私の住んでいるニュージーランドでは、かなりイギリス英語に近い英語が使われています。 では、イギリス英語アメリカ英語との違いって、どんなことを何い浮かべますか? まずは、スペルの違いや使う単語の違いがありますよね。 以前にもコラムで、知らないと生活に困るイギリス英語やそれってイギリス英語?アメリカ英語?とい

1106c1f4e3fc62397835796a46a12912.jpg

足し算や引き算を英語でいうと?意外と知らない算数で使う英語

普段の生活に意外と欠かせないのが算数ですよね。皆さんも生活の中で足し算や引き算、掛け算をよく使っていると思います。では英語で言えますか?1+1=2や 7x6=42もしくは8÷4=2を英語で言えますか?今回は言えそうで意外と言えない算数で使う英語を紹介します。

3168-650x434.jpg

こんな時 “he/she” は使わない?

今日は、私が日本で英語の勉強をしていたときには気付かなかった、ある単語の使い方のお話です。 例えばこんな場面を想像して下さい。 あなたは友達と海外旅行中に、駅で切符の買い方が分かりませんでした。 そこで、友達は駅員さんを呼びに行きました。 あなたが券売機のところに一人で立っていると、そばにいた親切な

1 2 3 4 5 6 7 28