単語

106.jpg

英語っぽいのに通じない単語たち8 飲み物編

また忘れた頃にやってきました、久しぶりの和製英語のコーナーです。 過去に食べ物編をお届けしましたが、今日は飲み物編です。 今回のコラムでは、以前に紹介した「ハイテンション」と同じく、完全な和製英語ではないものの、日本語と英語ではニュアンスが違う単語を紹介したいと思います。 単語自体は英語として通じてしまう

099.jpg

“recommend” ちゃんと使えてますか?

普段の生活で「おすすめ」という言葉、よく使いませんか? 友達に「あのレストラン、すっごくおすすめだよ」と言ったり、日刊英語ライフでも「おすすめテキスト」を紹介したりしています。 そんなよく使う「おすすめ」という表現、英語でも言いたいですよね。 "recommend"

Theの発音「ザ」と「ジ」の簡単ルール

今日の動画レッスンでは“The”の発音について簡単に触れていこうと思います。学校では、子音の単語の前は「ザ」、母音の単語の前は「ジ」と教わったかと思いますが、ネイティブはそれ以外の法則に従った使い分けもしています。とても簡単なルールなうえ、

095.jpg

howは意外とややこしい

皆さん、"how"ってどんな時に使いますか? "How are you?" "How did you do that?" 「どのように」や「どうやって」と聞きたい時に、よく使いますよね。 "how"

077.jpg

英語っぽいのに通じない単語たち7 要注意編

和製英語って、英語を勉強したり話したりする上で、やっかいな存在ですよね。 カタカナだし、響きが英語っぽいからきっと英語だ!と思って、和製英語だと知らずに使ってしまうと、全く通じない・・・ということになります。 ゆっくり言っても、発音を少し変えてみても通じない・・・私にもそんな経験があります(笑) 今日

076.jpg

understand を使わずに『分かった?』

私はニュージーランドに来てから最初の3ヶ月間、語学学校に通っていました。 先生が授業中に何かを説明した後に必ず「分かった?」と生徒達に聞いてくれたのですが、最初はその「分かった?」のフレーズが私には分からなかったという経験があります(笑) ひょっとしたら "Do you understand?"

1111.jpg

“Oh my God !” は便利な言葉?

ニュージーランドは今週末はイースター(Easter)の祝日で、昨日から4連休に入りました。 イースターは日本ではあまり馴染みがないですが、簡単に説明すると、十字架にかけられたキリストが亡くなって、3日目に復活したのを祝うキリスト教の一番大事な祝日だそうです。 今日はキリスト教に関連して、 God

英語で「相談する」や「相談に乗る」を何と言っていますか?

日本語の「相談する」は様々な状況で使える便利な表現ですが、英語では、自分の悩み事などを誰かに相談するとき、逆に何かに困っている友人・知人の相談に乗ってあげるとき、または深刻な問題を専門家に相談するときなど、状況に応じて表現の仕方が違います。

「Trip」「Travel」「Journey」の違い

基本的に日本語の「旅行」と「旅」は同じ意味ではありますが、皆さんは無意識にそれぞれ状況によって使い分けているかと思います。英語で旅行を意味する単語は「Travel」「Trip」「Journey」がありますが、日本語と同様にこれらは状況によっ

「気遣い」や「気を使う」を英語にすると?

「気遣い」は英語に直訳できない表現の一つで、日本文化が反映されている言葉だと思います。英語で「気遣い」や「気を使う」に相当する単語はありませんが、その意味に近い表現は幾つかあるので、それらの適切な使い分けとニュアンスの違いについてご紹介しよ

1 22 23 24 25 26 27 28