全て

「Almost」と「Most」の違いと使い分け

AlmostとMostはどちらにも「ほとんど」という意味があるのはみなさんご存知だと思います。では、この2つの単語の使い分けはできますか?同じ「ほとんど」でもそれぞれ使い方が異なります。 1) Almost →「もう少しで / もうすぐ」

Bar-the-Giants-resized.jpg

barの意味とは、barはお酒で飲む場所だけではなく、役立つ副詞にもなります。 – 英語 with Luke英語 with Luke

通常、barはお酒が飲める場所という意味になるでしょう。しかし、barはよく副詞としても使われていることを知っていますか?「以外」や「を除いては」という意味を表すために、exceptやapart from という単語を使いますが、日常会話ではbarを使うネイティブが多くいます。

14270-650x488.jpg

“why” を使わない「なんで?」

「なんで私の名前を知ってるの?」 「なんで彼女のこと知ってるの?(どういった知り合いなの?)」 「なんでそんなに日本に詳しいんですか?」 これらの質問を英語で言うとしたら、どんなふうに聞きますか? 全て「なんで?」で始まる文章ですが、実はこれらは "why"

「Almost」と「Most」の違いと使い分け

AlmostとMostはどちらにも「ほとんど」という意味があるのはみなさんご存知だと思います。では、この2つの単語の使い分けはできますか?同じ「ほとんど」でもそれぞれ使い方が異なります。 1) Almost →「もう少しで / もうすぐ」

5152-650x437.jpg

“go” の読み方は「ゴー」じゃなかった?!

今回は久しぶりに発音のお話です。 タイトルにもある "go"。「読み方は?」と聞かれたら「ゴー」と答える人が多いと思います。 では "no" はどうでしょうか? これも誰もが知っている単語で「ノー」と読みますよね。 でも、実は「ゴー」でも「ノー」でもなかったんです。 英語の発音のこと

1402-640x478.jpg

almostを使わずに「だいたい」って英語で言えますか?

日本語の「だいたいね」ってすごく便利な言葉だと思いませんか? 「宿題終った?」「だいたいね」 「これとこれって似てるけど、同じかな?」「だいたい一緒だよ」 「好き嫌いある?」「だいたい何でも食べれるよ」 こんな会話、皆さんも何気なくしていますよね。 「だいたい」= almost

thumbnail-12Dec02-640x334.jpg

【1分英語】「パクる」を英語で言う5つの方法

少し前にオリンピックの国旗が大々的に「パクリ」として取り上げられてから、日本ではさまざまなパクリに関するニュースが取り上げられていますね。 ここ数日だけでもミスチルの「抱きしめたい」の歌詞をほぼ全てパクった歌があったり、Perfumeのパクリの歌が中国にあったり、なんだかパクリに敏感になっている気がしますね。

194.jpg

「高い」「安い」って、どうやって表す?

「その腕時計はすごく高い」「野菜が安い」「私は給料が安い」「税金が高い」・・・といろんなものに対して「高い・安い」という表現を使いますよね。 「高い」と言えば "expensive"、「安い」は "cheap"

Deal with it!の意味とは ー 我慢してもらいたい時に使う英語

deal は「分解する」という意味ですが、何かの問題に対応する際には、deal with という英語をよく使います。たとえば、政府と関連する単語は deal with と共に使われることが多くあります。

Deal with it!の意味とは ー 我慢してもらいたい時に使う英語

deal は「分解する」という意味ですが、何かの問題に対応する際には、deal with という英語をよく使います。たとえば、政府と関連する単語は deal with と共に使われることが多くあります。

1 2 3 4