例文

「ただいま~」「おかえり~」は英語で?

帰宅時のお決まりフレーズ「ただいま〜」「おかえり〜」。日本ではどこの家庭でも当たり前のコミュニケーションだと思いますが、英語(アメリカ)では何と言うかご存知でしょうか?今回はこの「ただいま」「おかえり」の英語について触れてみようと思います。

「ただいま~」「おかえり~」は英語で?

帰宅時のお決まりフレーズ「ただいま〜」「おかえり〜」。日本ではどこの家庭でも当たり前のコミュニケーションだと思いますが、英語(アメリカ)では何と言うかご存知でしょうか?今回はこの「ただいま」「おかえり」の英語について触れてみようと思います。

メールで、会議で。英語でスラスラ近況報告する22フレーズ

外国の上司に近況を報告しなければならない場合があると思います。そんな時に、スラスラと報告出来るように、メールや口頭での言い回しを22個に厳選し紹介します。

6a7b95529331cca0ef9df00ffde1b8d5.jpg

「遠慮しないで」って英語で言うと?お手伝いを申し出る親切な10のフレーズ

外国人が困っているとき、お手伝いやサポートが必要なときに「あ、手伝いますよ〜」と気軽に言えますか?一言かけずにいきなり手伝いを始めてしまうのも相手を驚かせてしまいます。シチュエーションに合わせて上手にお手伝いを申し出ましょう。

200aab483c41341a8a1ce7559fca0954.jpg

英会話で丁寧な印象にするために使える仮定法表現7つ

"I wish I were you~"などの例文で高校生のときに出てきた仮定法。時制もややこしく、頭を悩ませた思い出がある方も多いのではないでしょうか?この表現はよく使いますが、文法というよりも、ネイティブはかなり感覚的にフレーズとして使っています。 ではどんな表現があるのか、見ていきましょう!

Deal with it!の意味とは ー 我慢してもらいたい時に使う英語

deal は「分解する」という意味ですが、何かの問題に対応する際には、deal with という英語をよく使います。たとえば、政府と関連する単語は deal with と共に使われることが多くあります。

Deal with it!の意味とは ー 我慢してもらいたい時に使う英語

deal は「分解する」という意味ですが、何かの問題に対応する際には、deal with という英語をよく使います。たとえば、政府と関連する単語は deal with と共に使われることが多くあります。

Deal with it!の意味とは ー 我慢してもらいたい時に使う英語

deal は「分解する」という意味ですが、何かの問題に対応する際には、deal with という英語をよく使います。たとえば、政府と関連する単語は deal with と共に使われることが多くあります。

「提案」の英語を正しく使い分ける!使用例21個、音声付き

「提案」に相当する英語表現はいくつかありますが、適切に使い分けられますか?それぞれの表現の用途の違いがわかるようにビジネスの場面を想定した21の例文を紹介します。

「Do you」と「Did you」は、用法次第でニュアンスが変わる?

ネイティブと会話していて「あれ?文法的には“Do you know”と表現するはずなのに、“Did you know”って言ってる・・・」なんて疑問を抱いたことはありませんか?実はこれは、ただの言い間違いではなく、ニュアンスを変えるために意

1 2 3