使い方

当ブログに音声がセットになったeBook第3弾の販売開始!

当ブログの人気記事をネイティブの発音を聞きながら学べる電子書籍型の教材『現地で通じる日常英会話フレーズ集』の第3弾がいよいよ本日より販売開始いたしました。 今回のeBook3では、「相槌・応答」「性格」「挨拶」のカテゴリーに分類し、それぞの

Also、Too、Eitherの違いと使い方

英語で「~も(また)」と言いたい場合に、「also」か「too」、または「As well」のどれを使って表現したらよいのか迷った経験はありませんか?そこまで厳密に意識して使い分ける必要はありませんが、それぞれの用法はとても簡単なので覚えてお

ring a bellの意味と使い方

皆さんは、何かを思い出した時やピンと来た時に、自分の頭の中で鐘が鳴るのをイメージした事はありますか?ネイティブは、なんとなく何かを思い出した時などに「鐘を鳴らす」という意味のring a bellという表現をよく使います。

ネイティブ流「Sweet」の使い方

ネイティブの日常会話では、「Sweet」という言葉を「甘い」以外の意味としても多用していることはご存知ですか?今回は、その中でも頻繁に耳にする使われ方を3つご紹介します。 1) That’s sweet →「いいね / よかった

watch out forというややこしい英語の3つの意味

watch out forはよく耳にするフレーズですが、使い方は意外に難しいです。

14263-650x408.jpg

[週刊] 今週のまとめ 1月16日-1月21日

今週も日刊英語ライフを読んでいただき、ありがとうございました! 今週は、ネイティブがとてもよく使う"go" を使わない「行ける」「行けない」を表すフレーズ、日本人が勘違いしやすい "until"

「Classic」の意外な使い方

Classicといえば何を思い浮かべますか?クラシックバレエや音楽、またはクラシックカーなどといったところでしょうか?決して間違いではありませんが、classicは他にも日本人にとっては意外な意味としてネイティブの間では使われています。 1

気軽に「おめでとう!」と英語で言うなら

英語で「おめでとう」を「congratulation」と表現することは多くの方がご存知かと思います。しかし「congratulation」は少々かしこまったニュアンスがあるので、今日はもっとカジュアルな響きで「おめでとう!」と言いたい場合に

「そろそろ」の英語を上手に使いこなそう!

英語では「もうそろそろ」を一般的に「It’s about time」を使って表します。但し、状況により使い方からニュアンス、また意味までもが異なります。今日のコラムではネイティブ並みに「It’s about time

ネイティブの口癖「Huh」

ネイティブは会話の中で「Huh」という言葉を頻繁に使います。Huhは、怒りやイライラを表したり、同意を求めたり、相づちとしてなど、非常に多くの状況で使える便利な一言です。しかし使い方によっては、失礼な印象にとらわれる場合もあるので注意が必要

1 2 3 4 22