使い分け方

「〜してもらう」のか?「〜させる」のか?用法を気を付けたい使役動詞

「(人に)〜をしてもらう/〜させる」と英語で言う場合、“Have”、“Make”、“Get”、“Let”のいわゆる使役動詞を使って表現します。しかし、この4つの使役動詞のどれを使っても良いというわけではなく、状況に応じて適切な使い方をしない

「I heard from _____」と「_____ told me」の違い

人から聞いた話を別の人に話す場合、日本語では「◯◯さんから〜を聞きました」と表現するためか、“I heard from _____”のフレーズが口癖になっている日本人が多いように感じます。決して間違えではないのですが、“_____ told

「Will」と「Going to」の違いと使い分け

これまで数えきれないほど質問を受けてきた「will」と「going to」の使い分け方。自然な感覚で使い分けしいてるネイティブの立場からすると、ちょっと説明しずらい部分ではあるのですが、今回の記事をきっかけに、その違い・用法について改めて頭

goodとwellの違いと使い分け方

実は、日本人だけではなく、英語のネイティブもときどき well と good を混同してしまいます。しかし、1つのルールをきちんと覚えると、これらの単語を使い分けることが出来ます。それは、good は形容詞で、well は副詞だということです。しかし、これだけを覚えたとしても、形容詞と副詞の使い方が分からないならば、役に立たないでしょう。

「〜してもらう」のか?「〜させる」のか?用法を気を付けたい使役動詞

「(人に)〜をしてもらう/〜させる」と英語で言う場合、“Have”、“Make”、“Get”、“Let”のいわゆる使役動詞を使って表現します。しかし、この4つの使役動詞のどれを使っても良いというわけではなく、状況に応じて適切な使い方をしない

英語学習サイト:Hapa 英会話

日米ハーフがお届けする無料英語学習ページ。Podcastや動画コンテンツから文化情報を含めた内容まで、実践的な英語をわかりやすく学べます。

関係代名詞「That」と「Which」の簡単ルール

今回は多くの人を悩ます、関係代名詞「That」と「Which」の違いについて触れてみようと思います。この使い分け方については、ネイティブでもちゃんと理解している人はそれほど多くありません。しかしルールさえ覚えてしまえば、誰でも簡単に使い分け

英文メールの基本ルール【書き出し(頭語)編】

英文メールを書く時に、ビジネスなのかプライベートなのかは勿論、相手との関係などによっても書き方が異なります。今回は「Dear」「To」「Hello」「Hi」など、メールの書き出し(頭語)の状況毎の使い分け方について説明いたします。 フォーマ

4d906ca4da82a29b68045d12e34bea30.jpg

英語の”come”と”go”が「行く」の意味になる時の使い分け方

"come"で「行く」の意味になったり、"go"でそのまま「行く」の意味になったり、英語のcomeとgoはなかなか使い分けが難しい英単語です。今回はネイティブの発想から、どのように使い分けられるかのポイントをまとめました。

「Look」と「Look like」の違いは?

「Look」は「~のようだ」「~のように見える」と表現するときによく使われます。しかし、日常会話では意味は同じにも関わらず「Look」を使うときもあれば、「Look like」を使うときもあります。今日はこの違いと使い分け方についてご説明し

1 2