以下

Throwback-resize.jpg

throwbackの意味とは、思い出について話す時に使う英語 – 英語 with Luke英語 with Luke

今回、throwbackという単語について説明したいと思います。思い出について話したり、過去を振り返ったりする時に、throwback をよく使います。特に過去を振り返ったファション、映画、音楽です。例えば、今NetflixではStrange Thingsというテレビドラマがあります。このドラマは80年代にある話で、80年代の文化や映画についてよく言及しています。ですので、以下の文が言えます。

「Anyway」?「Anyways」?「By the way」? 場面に応じた正しい使い分け

「Anyway」「Anyways」と「By the way」は全て話題を変える時に使われるフレーズですが、状況によって使い分けする必要があります。使い方によってはネイティブの人をイラっとさせることにもなり兼ねないので、3つそれぞれの正しい使

英語でゼロを言うことはびっくりするほど複雑です。

僕の気のせいかもしれませんが、日本人はゼロと言う時に、世代によって違う単語を使うような気がします。年長者には「まる」と言う傾向に対し、若者は「ゼロ」と言う傾向があります。英語では、零を表す単語は三つあります。それはzero、nought、ohです。しかし、国によってゼロを表す単語は異なります。たとえば、イギリス人はよくnoughtとohを使う一方で、アメリカ人はよくzeroを使います。以下の電話番号を例にみてみましょう。

Featured-image-kiwi-english-640x334.jpg

お問い合わせ

記事に関するご意見・ご感想、問い合わせなどございましたら以下のフォームからお問い合わせください。 英語の質問に関しては個別にはお返事していません。 その代わりお問い合わせが多いものなどは、記事として回答させていただくこともあります。

Deal with it!の意味とは ー 我慢してもらいたい時に使う英語

deal は「分解する」という意味ですが、何かの問題に対応する際には、deal with という英語をよく使います。たとえば、政府と関連する単語は deal with と共に使われることが多くあります。

Deal with it!の意味とは ー 我慢してもらいたい時に使う英語

deal は「分解する」という意味ですが、何かの問題に対応する際には、deal with という英語をよく使います。たとえば、政府と関連する単語は deal with と共に使われることが多くあります。

Deal with it!の意味とは ー 我慢してもらいたい時に使う英語

deal は「分解する」という意味ですが、何かの問題に対応する際には、deal with という英語をよく使います。たとえば、政府と関連する単語は deal with と共に使われることが多くあります。

「提案」の英語を正しく使い分ける!使用例21個、音声付き

「提案」に相当する英語表現はいくつかありますが、適切に使い分けられますか?それぞれの表現の用途の違いがわかるようにビジネスの場面を想定した21の例文を紹介します。

以下にの英語 – 和英辞典

以下に 英語、以下にの意味と以下にを使ったフレーズ|(in writing) see below; vide infra|see below|下記参照

以下の通りの英語 – 和英辞典

以下の通り 英語、以下の通りの意味と以下の通りを使ったフレーズ|what is listed next; her complaints went as follows|what is listed next

1 2 3 4