事柄

会話をより自然にする「So」の使いこなし術

日本の多くの方は「so」と言えば「〜だから」や「とても〜」として使用しているのではないでしょうか?決して間違いではありませんが、ネイティブの日常会話では他にも様々な状況で頻繁に使われる単語なので、その代表的なパターンをご紹介しようと思います

事柄の英語 – 和英辞典

事柄 英語、事柄の意味と事柄を使ったフレーズ|a persistent illogical feeling of desire or aversion; he has a thing about seafood; she has a thing about him|a statement regarded as an object; to say the same thing in other terms; how can you say such a thing?|a vaguely specified concern; several matters to attend to; it is none of your affair; things are going well|any attribute or quality considered as having its own existence; the thing I like about her is …|a special situation; this thing has got to end; it is a remarkable thing

Simple-English-Wikipedia.jpg

ウィキペディアの超シンプル版『Simple English Wikipedia』で英語リーディングをしよう

皆さんお馴染みのWikipediaですが、これを英語版でリーディングしようとすると、ボリュームたっぷりで挫折しそうですよね。ニュースなどお堅いものより、もっとカジュアルで面白い英文を読みたい人もいるでしょう。そこでおすすめなのが、Wikipediaの簡単バージョン『Simple English

会話をより自然にする「So」の使いこなし術

日本の多くの方は「so」と言えば「〜だから」や「とても〜」として使用しているのではないでしょうか?決して間違いではありませんが、ネイティブの日常会話では他にも様々な状況で頻繁に使われる単語なので、その代表的なパターンをご紹介しようと思います