上司

「Will」と「Going to」の違いと使い分け

これまで数えきれないほど質問を受けてきた“will”と“going to”の使い分け方。自然な感覚で使い分けしいてるネイティブの立場からすると、ちょっと説明しずらい部分ではあるのですが、今回の記事をきっかけに、その違い・用法について改めて頭

ThinkstockPhotos-86532938.jpg

休暇にまつわる上司と部下の英語コミュニケーション

有給や育児休暇は英語でなんというか分かりますか?今回のブログでは、休暇に関する英語表現だけでなく、部下への休暇の断り方や、上司への休暇の要求の仕方を紹介します。

600388e54694f895e5ba10b5156dc843.png

スピーチやプレゼンにも使える英語の名言・格言182選

スピーチやプレゼンの際に、名言を使うことで説得力がぐっとアップしますよね。今回は、そんな格言を英語でシチュエーションごとに紹介します。

気持ちを届ける!バレンタインに活躍する英語フレーズ32選

欧米では、日本と違い、バレンタインは男女関係なくプレゼントを渡し合う日なのです。今回ご紹介するフレーズを使って気になる人にチョコをあげてみてはいかがですか?

20140711.jpg

ネイティブに伝わる英語の「確認する」ビジネスシーン別15フレーズ

ビジネスシーンでよく多用される「確認する」。英語では、日本語以上に多くの言い回しがあります。確認することは、ビジネスパートナーと信頼関係を築く上で非常に重要な表現です。是非マスターしましょう。

いまさら聞けない!インターネットの英語略語 34選

「FYI」「BBS」「cya」「FOAF」などの英語の略語。略語の意味を知らないと、スムーズなやり取りが損なわれてしまいます。今さら聞きにくい英語の略語を集めましたので先輩に聞きにくい方はこっそり調べてしまいましょう!

Have to、Need to、Must、どれも一緒?

Have to、Need to、Mustは全て「〜をしなければならない」を意味するのは既にご存知かと思いますが、それぞれに微妙なニュアンスの違いがあり、相手への伝わり方も若干異なることを知っていますか?今日それらを適切に使い分けするためのポ

「上司」「部下」「同僚」のナチュラルな英語

日本は上下関係が厳しい社会なので、会社では「上司」や「部下」など立場を示した言い方をよくすると思います。辞書を調べると「上司」は「Superior」、「部下」は「Subordinate」と訳されていますが、実はアメリカではあまり耳にしない表

1 2 3