ニュアンス

「面倒なことになる」は英語で?

日本語では問題やトラブルが生じたり、厄介なことになった時、「面倒なことになる」や「厄介なことになる」と表現しますが、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか? 英語表現 1 Be in hot water トラブルを起こして、まずいこと

バリエーション豊富な「連絡する」の英語表現

電話をすることを「call」、メールをすることを「send」または「email」で表現することはご存知かと思います。しかしネイティブは「連絡する」を他にも様々な言い回しで表現しています。今日はその中でもよく耳にするフレーズ5つをご紹介します

「Almost」と「Most」の違いと使い分け

AlmostとMostはどちらにも「ほとんど」という意味があるのはみなさんご存知だと思います。では、この2つの単語の使い分けはできますか?同じ「ほとんど」でもそれぞれ使い方が異なります。 1) Almost →「もう少しで / もうすぐ」

あなたはどんな人?(ネガティブ編)

今日のコラムでは前回に引き続き、人の性格を表す英語表現をご紹介します。今回は、おせっかいな人、ケチな人、頑固な人、口先だけの人、怠け者などネガティブな性格に焦点を当てています。中には状況次第でポジティブに捉えることができる表現もありますが、

「Most」と「Most of」の違い

今日は、日常会話では頻繁に使われているはずなのにも関わらず、意外と多くの方がちゃんと理解できていないのでは?と思われる、「Most」と「Most of」の違いと使い分けについて、出来るだけ分かりやすく説明しようと思います。ルールは簡単なので

「自慢する」は英語でBrag?Boast?

「Brag」と「Boast」は両方とも日本語で「自慢する」と訳すことができますが、ネイティブは両者を全く同じ意味の言い換え表現としては使っているわけではありません。使い方によっては、大きなニュアンスの違いが生まれるため、適切な使い分けができ

「気付く」は英語で、Recognize?Realize? Notice?使い分けできてますか?

今回は「気付く」を意味する「Recognize」「Realize」「Notice」について。3つとも似たニュアンスを持つ単語ですが、場面によってそれぞれ使い方と意味が異なります。状況に応じて適切な表現を使えるようになりましょう! Recog

ネイティブがよく使う「Me too」以外の言い方

相手に発言に対し、共感や同意の意を示す際に、「Me too(私も)」と表現することは誰でもご存知かと思います。しかし、ネイティブの日常会話では、他にも様々な言い回しが使われているので覚えておきましょう。 1) Same here →「同じく

「意見が一致する」と「合意に至る」は英語で?

ビジネスにおける交渉や取引、またはミーティングの状況で、お互いの意見や考えが一致したり、交渉が合意に達っしたりすることを表すのにピッタリの英表現をご紹介いたします。 1) See eye to eye →「意見・気持ちが一致する」 この表現

「私には関係ない」or「あなたには関係ない」は英語で?

日本語の「私には関係ないね!」や「あなたには関係ないでしょ!」は英語でどのよう表現していますか?言い方は人によってまちまちですが、ここではネイティブの日常会話でもっともよく耳にする言い方をご紹介いたします。 It’s not m

1 2 3 4 5 23