ニュアンス

「Going to」と「About to」を適切に使い分けていますか?

今後の予定を伝える時、「(be) going to」と「(be) about to」のフレーズがよく使われますが、それぞれのニュアンスの違いについてはご存知ですか?とても簡単な違いなので、適切に使い分け出来るようになりましょう。 1) Go

臨機応変に「活躍」の英語を使いこなそう!

日本語の「活躍」という言葉は、使われる場面に応じてそのニュアンスが微妙に違ってきますが、英語の場合、その微妙なニュアンスを示すためには、使う言葉自体を状況に応じて変える必要があります。今日は5つのシチュエーションにおける「活躍」を表す英語を

「After」と「Once」と「When」

ネイティブが書くメールや英文では、“After”や“When”の代わりに“Once”がよく使われている事にお気付きでしょうか?その逆に、日本人の方は“Once”を使うことにあまり馴染みがないようにも感じます。どれを使っても大差はありませんが

「How about」と「What about」の違い

「How about _____?」と「What about _____?」 を使い分けていますか?両者は一見同じようにみえますが、実は微妙なニュアンスの違いがあります。基本的には置き換えて使っても問題はない表現ではあるのですが、ネイティブ

訂正、修正、変更、それぞれに最適な英語は?

皆さんは英語のみならず、日本語で「訂正する」「修正する」「変更する」を意識的に使い分けていますか?それぞれに相当する英語は「Reivse」「Modify」「Change」となりますが、私は生徒さんに質問されるまでは、完全に感覚で使い分けいて

アメリカ人が大好きな「Love」の使い方

アメリカ人は”Love”という単語を「愛している」以外の場面でもよく使っていることはお気づきでしょうか?実は“Love”は、恋人に限らず、友達や家族、または物事に対しても使える非常に汎用性の高いワードなんです。今日は

「Useful」と「Helpful」の適切な使い分け

“Useful”と”Helpful”は両方「役に立つ」という意味で使われます。場合によっては置き換えて使うこともできますが、使い方によっては相手に失礼な言い方になってしまうので注意が必要です。

「英語で困るってどう言うの?」の質問に困ります・・・笑

これまで多くの日本人の方に「困るって英語で何て言うの?」と質問されてきましたが、その度に私も返答の仕方に困ってきました(笑)。というのも、「困る」は英語に直訳できないうえに、どのような意味合いで使うかによって表現の仕方が異なります。今日は5

英語で「臆病」を辞書で調べると・・・

「臆病」は英語に直訳しにくい言葉の1つです。実際に辞書で「臆病」を調べると、たくさんの表現が紹介されています。日本語で臆病といえば、気が弱かったり心配性であったり、些細な事にも怖がるといった意味全てが含まれますが、英語では状況よって使い分け

「See」と「Meet」を使い分けていますか?

“Meet”と”See”は両方とも「会う」を意味することはご存知かと思いますが、ネイティブの会話では状況によって使い分けをしていることにお気付きでしょうか?以外と知られてないみたいなのですが、

1 16 17 18 19 20 21 22 23