スポーツ

「Couch Potato」ってどんな人?

今日は面白い英語のイディオムをみなさんにご紹介します。「Couch」は「ソファー」、「Potato」は「ジャガイモ」を意味しますが、この二つの単語を合わせて、ある人の性格またはある状況を表します。どのような人(状況)なのか想像できますか?同

「参った」や「やられた」に相当する英語

議論している相手に自分の思わぬ盲点を指摘されたり、正論を突きつけられ反論できなくなった時、またはスポーツやゲームなどの争い事で負けた時や何かの罠に引っかかってしまった時、日本語では「参った」や「一本取られたよ」などと表現しますが、英語ではど

英語で「〜が得意・苦手」を表す便利フレーズ

辞書を引くと「得意」と「苦手」を表す英表現は数多くあり、どれを使うべきか悩むことがあると思います。今日はネイティブの日常会話でよく使われる「得意」「苦手」の両方を表すとても便利なフレーズをご紹介します。 1) I’m (not)

スポーツを「する」は英語で「Play」?

スポーツをすることを表す場合、日本語では「する」の一言で片付いてしまいますが、英語では基本的にスポーツの種類によって「Play」、「Go」、「Do」の3つの動詞を使い分ける必要があります。そこで今回は、それぞれの使い分けルールについて触れて

スポーツはPlay? Go? Do?

“I played skiing last weekend”  この文章は「Play」で正しいんでしょうか? スポーツは基本「Play」で教わってきた人が多くいるみたいですが、英語ではスポーツを表す動詞が3つあります

便利フレーズ「way to go」の使い方

「way to go」は、ネイティブの日常会話でもよく使われる便利なフレーズなのですが、用法によって大きく意味が変わるので使い方に注意が必要です。しかし、使い分けはとても簡単なのでマスターしておきましょう! 1) Way to go! →「

「I like」や「I love」の表現に飽きた方へ

英語で「〜が大好き」と表現する際、いつも「I like」や「I love」と言っている自分に飽き飽きしている人も多いのでは?そこで今回のコラムでは、「I like」や「I love」の言い換え表現として使えるフレーズを5つご紹介いたします。

don’t vs. won’tの違いとは ー I don’t go to Japan. と I won’t go to Japan.のニュアンスはどのように異なるでしょう。

don’t と won’t を混同してしまう日本人は割と多くいます。まず、don’t とwon’t がどのような単語なのかを考えてみましょう。don’t は do + not を略した単語ですね。

「集中する」の英語は「Focus」や「Concentrate」だけじゃない

日本の方にとって「集中」の英語と言えば「Focus」または「Concentrate」が定番かと思いますが、ネイティブ同士の日常会話ではその他にも沢山の言い回しがあります。今回は、その中でも頻繁に耳にする3つの表現をご紹介します。 1) In

「Suck」の使用はタブー?

英語の「Suck」といえば、本来は「吸う」や「しゃぶる」などを意味し、性的な意味合いもあることから使用を避けられがちかと思いますが、ネイティブの日常会話では、いかがわしい意味以外のスラングとしても非常に頻繁に使われている単語なので、今日はそ

1 2 3