コラム

「Hang」を使った6つの定番フレーズ

今回のコラムでは、ネイティブの日常会話では頻繁に耳にする「Hang」という単語を使った定番フレーズを6つご紹介いたします。どのフレーズも、日常生活のなかで誰もが使う機会が必ずあるはずなので覚えておきましょう! 1) Hang in (the

「了解」を「OK」以外の英語で表現!

今日のコラムでは「了解」や「分かった」の意味として、ネイティブがよく使う定番の相槌を「OK」を除いていくつかご紹介します。どれもとても簡単なフレーズなので、マスターして相槌のバリエーションを増やしておきましょう! 1) That sound

覚えておきたい「Interjections」(Part.2)

前回のコラムで紹介したInterjections(感動詞・間投詞)の続きです。喜んだり、楽しんだり、怒ったり、自分がどのような感情を抱いているのか、文章だけでも相手に上手に伝えられるように覚えておきましょう! 1) Meh →「まぁ(どうで

覚えておきたい「Interjections」(Part.1)

今回のコラムでは、喜びや悲しみ、驚きや怒りなどの感情を表す時に使われるInterjections(感動詞・間投詞)をご紹介します。感動詞とは、日本語の「あっ」や「うわっ」など自然と思わず口に出る言葉で擬声語とよく似たもので、一般的にメールや

「なるほど」を英語でどう表現していますか?

会話するなかで、日本語では「なるほど」や「分かりました」と表現するところを英語ではどのように表現していますか?「I understand」が思いつく人も多いかと思いますが、それでは仕事で部長の命令に「かしこまりました。」と言っているような感

おもてなしフレーズ「Show someone a good time」

今回のコラムでは、遠方から遊びにくる家族や友人を観光地に案内したり、有名なお店に連れて行ったりするなどして色々と気配りしてあげることを伝えるのにピッタリの表現「Show someone a good time」について簡単に触れてみようと思

「おおざっぱ」や「おおらか」を英語で表現

細かいことには注意を払わず、雑な性格の人を日本語では「大ざっぱ」と表現しますが、実は英語にはそれを直訳できる一言がありません。今日のコラムでは、大ざっぱな性格の人、そして微妙に意味合いが異なりますが、大ざっぱに似た意味の「おおらか」を英語で

14461-650x383.jpg

外国の人との会話、何を聞いたらいい?

今回のテーマはズバリ「日本で海外出身の人と話す機会があった時に何を聞くか?」です。 「出身は?」「何で日本にいるの?」と聞くこともあると思いますが、他にも「こんな話題から入ったらいいな」というものがあるんです。 もちろん、これが正解!というものではないのですが、ちょっとした参考になればいいなと思います。

14263-650x408.jpg

[週刊] 今週のまとめ 1月16日-1月21日

今週も日刊英語ライフを読んでいただき、ありがとうございました! 今週は、ネイティブがとてもよく使う"go" を使わない「行ける」「行けない」を表すフレーズ、日本人が勘違いしやすい "until"

「そろそろ」の英語を上手に使いこなそう!

英語では「もうそろそろ」を一般的に「It’s about time」を使って表します。但し、状況により使い方からニュアンス、また意味までもが異なります。今日のコラムではネイティブ並みに「It’s about time

1 2 3 4 27