[週刊] 今週のまとめ 1月16日-1月21日

14263-650x408.jpg

今週も日刊英語ライフを読んでいただき、ありがとうございました!

今週は、ネイティブがとてもよく使うgo を使わない「行ける」「行けない」を表すフレーズ、日本人が勘違いしやすい until の使い方、基本だけどウロ覚えになりがちな「隣の、隣に」を表す表現、などのコラムをお届けしました。

すでに一度読んでいただいた方、内容を忘れてしまったコラムはありませんか?
もう一度復習すると、記憶に定着して忘れにくくなりますよ。

つづきを読む

関連記事

「Would」の活用法(総まとめ)

これまで私が生徒さんから最もよくされた質問の一つが「would」の使い方でしょう。wouldを用いた表現は本当に沢山あり、それら全てを説明するのは容易ではありません。そこで今回、過去の記事でも紹介した用法を含め、日常会話において基本となるw

「言っておくけど」は英語で?

日本語では「一言言っておきますが」や「念のためにお知らせしますが」のようにワンクッションを置いてから話を続けることがありますが、英語にも同じような表現が存在します。ここでは、代表的なフレーズを2つご紹介しようと思うので、ぜひ使ってみてくださ

「接戦」や「拮抗した試合」は英語で?

スポーツの試合をみていて、最後の最後まで結果が分からない状況で「接戦ですね」や「拮抗した試合ですね」と英語で言いたい場合にピッタリの表現をご紹介いたします。 1) Close game →「接戦 / 互角の試合」 勝敗がなかなか決まらない激

英語学習メルマガ『1日1フレーズ!生英語』

アメリカ人と雑談をする時に不可欠な日常フレーズが学べる無料の英語学習メールマガジンサービス。時代遅れの日常表現を完全に省いた「現在」の日常フレーズをご提供します。

日本人がよく誤解する「You」の使い方

英語の「You」は「あなた」を意味することは説明するまでもないですが、ネイティブの日常会話では「あなた」以外の意味としても使われていることはご存知ですか?その用法を理解しておかないと、大きな勘違いをしてしまいかねないので、しかっり覚えておき