英語で「久しぶり」を適切に表現しよう


日本語の「久しぶり」は、色々な場面で使える便利な表現ですが、日本語とは違って英語では状況によって使われるフレーズが異なります。「Long time, no see」=「久しぶり」と覚えている方が多いようですが、この表現は本当に長い間会っていない人にしか使わず、日常会話ではそこまで頻繁に使われないので気をつけましょう!

日本語の「久しぶり!」の一言に最も近い表現で、ネイティブの日常会話でもよく使われるフレーズです。WhileをLong timeに置き換えても意味は全く同じです。

つづきを読む

関連記事