第131回「遅れても来ないよりマシ」


第131回目のポッドキャストのテーマは「遅れても来ないよりマシ」です。今日の会話では、ジョシュアとシャロンが「遅れても来ないよりマシ」ということわざについて話し合います。アメリカでは、来ないよりは遅れて来た方がいい、やらないよりは遅れてやったほうがまし、などとよく言われています。ジョシュアとシャロンはどう思っているのか、聞いてみましょう!

つづきを読む

関連記事

第211回「高校教師として働く魅力」

第211回目のポッドキャストのテーマは「高校教師として働く魅力」です。今日のエピソードではミキとケンが高校教師としてのバックグランドをシェアしてくれます。2人は教師として働く中で一番好きなことや大変だと思うこと、またクラスにはどんな生徒たち

第214回「アメリカで大学に入るには」

第214回目のポッドキャストのテーマは「アメリカで大学に入るには」です。今日のエピソードではミキとケンがアメリカの大学入学プロセスについて説明します。日本では、大学入学試験が重要な役割を果たしますが、アメリカの大学はどうでしょうか?アメリカ

第216回「授業中の携帯電話」

第216回目のポッドキャストのテーマは「授業中の携帯電話」です。今日のエピソードではミキとケンが授業でどのようにテクノロジーを使っているのかについて会話を続けます。ケンは具体的に、授業中の携帯電話に関するルールとクラスでどのように携帯電話を

第130回「物乞いに選択の余地なし」

第130回目のポッドキャストのテーマは「物乞いに選択の余地なし」です。ジョシュアとシャロンが「物乞いに選択の余地なし」ということわざについて話し合います。お願いする立場でありながら、相手の申し出に文句を言ったり拒んだりすることは常識はずれな