状況に応じた「おめでとう」を英語で表現


一般的に「おめでとう」は英語で「Congratulations」と言いますが、他にも言い方はたくさんあります。そこで今回は、一般的な「おめでとう」の他に、ビジネスやスピーチ、誕生日や新年の挨拶に使われる「おめでとうの」定番表現をご紹介します。

一言で「おめでとう」と伝えたい場合は「Congratulations」でよいのですが、友達や家族など親しい関係の場合は「Congrats」と省略して表現するのが一般的です。因みに、語尾のsをつけないのはNGなので注意しましょう。

つづきを読む

関連記事

「ボロ勝ち」や「ボロ負け」は英語で?

スポーツの試合について会話をしているなかで、「ボロ勝ちだったね」と言いたい場合、英語ではどのように表現しますか? That was a blow out. 「Blow out」は状況に応じて様々な意味をもつ表現ですが、スポーツについての会話

提案時に使える「ちょっと付け加えたいのですが」は英語で?

相手の発言や意見に対して、自分の考えや提案を述べる時に日本語では「ちょっと付け加えてもいいですか?」とワンクッションを置いて会話を始めることがよくありますが、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか? I’d like to

日本人がよく誤解する「You」の使い方

英語の「You」は「あなた」を意味することは説明するまでもないですが、ネイティブの日常会話では「あなた」以外の意味としても使われていることはご存知ですか?その用法を理解しておかないと、大きな勘違いをしてしまいかねないので、しかっり覚えておき