状況に応じた「おめでとう」を英語で表現


一般的に「おめでとう」は英語で「Congratulations」と言いますが、他にも言い方はたくさんあります。そこで今回は、一般的な「おめでとう」の他に、ビジネスやスピーチ、誕生日や新年の挨拶に使われる「おめでとうの」定番表現をご紹介します。

一言で「おめでとう」と伝えたい場合は「Congratulations」でよいのですが、友達や家族など親しい関係の場合は「Congrats」と省略して表現するのが一般的です。因みに、語尾のsをつけないのはNGなので注意しましょう。

つづきを読む

関連記事