会話をより自然にする「So」の使いこなし術


日本の多くの方は「so」と言えば「〜だから」や「とても〜」として使用しているのではないでしょうか?決して間違いではありませんが、ネイティブの日常会話では他にも様々な状況で頻繁に使われる単語なので、その代表的なパターンをご紹介しようと思います。しかし、あまり意識して口にするような言葉ではないことも心に留めておいてください。

一般的にsoで質問を切り出す場合は、以前に話していた事柄について、その後どうなったか気になって尋ねる状況で使われるます。例えば、友達から英語でプレゼンテーションをすることについて相談されたとしましょう。後日、その友達に会った際に「So, how did your presentation go?(プレゼンテーションどうだった?)」と質問を切り出すのが自然です。

つづきを読む

関連記事