バーで使う独特の英語表現


レストランで店員さんと交わす英語については、既に多くの教材やサイトで紹介さているので、特に問題ないなくこなせる人も多いかと思います。そこで今回はバーでバーテンダーと交わす英語について触れてみたいと思います。バーにはバー特有の言い回しが存在するので、その中でも定番の表現をご紹介いたします。

レストランではお勘定のことをcheckやbillと言いますが、バーでは一般的にTabと表現します。アメリカのバーではお酒を注文すると、バーテンダーに「Do you want to start a tab?」や「Do you want to keep the tab open?」と質問されるのがお決まりなのですが、これは「(支払いを)付けにしますか?」という意味になります(1杯目の注文時)。付けにしたい場合は「Yes」と返答し、バーテンダーにクレジットカードを渡し、その後の注文は「I have a tab under(名前)」とバーテンダーに伝えるだけでよく、支払いは最後に全部まとめて清算することになります。もし、注文毎にその場で支払いをしたいのであれば「No」と返答します。

つづきを読む

関連記事

確信度合いによって異なる「思う」の英語

自分の考えや気持ちを伝える時「I think」が頻繁に使われている表現かと思いますが、それ以外にも「思う」を表す英語は沢山あり、確信している度合いによって表現の仕方も使い分けられています。今日のコラムでは、分かりやすいように確信度を%で表し

「忘れ物」を英語で表現すると?

うっかり物を置き忘れてしてしまったとき、「あー、忘れ物した!」と日本語では言いますが、とても簡単な表現である「忘れ物」をいざ英語で自然に表現しようとすると、「なんて言ったらいいんだろう?」と思う人も少なくないのではないでしょうか?そこで今回

「覚えてない」をいつも「I don’t remember」と言っている人へ

「I don’t remember(覚えてません)」は、恐らく多くの人にとって、口癖とも言えるほど定着した表現になっているのと同時に、もっと他の言い回しをしたいと思っている人も少なくないかと思います。そこで今回は、「I don&

英語で「寝る」と「寝てしまう」のニュアンスの違いを表現

日本語では、自分の意志で眠る場合は「寝る」や「就寝する」、意図せずに眠ってしまう場合は「眠ってしまう」や「眠りに落ちる」のように表現しますが、英語でも同様の使い分けがされていますので覚えておきましょう。 1) Go to sleep/bed

車に「乗せてくれる?」や「乗ってきなよ」は英語で?

どこかへ車で移動する時、誰かの車に乗せてもらい場合の「乗せてもらえる?」や、誰かを乗せて上げる場合の「乗っていきます?」は英語ではどのように表現するのが自然でしょうか? 1) Can I get a ride? →「(車に)乗せてくれますか

「大変なことになっています」は英語で?

うっかり奥さんや彼女の誕生日を忘れて相手を怒らせてしまい、「まずい状況です」と言いたい場合は英語でどのように表現するのでしょうか? I’m in the doghouse. 「In the doghouse」を直訳すると「犬小屋

「やればできる」は英語で?

新しいことへの挑戦を躊躇している友人や同僚に対し、「やればできるよ!」と激励する時、英語ではどのように表現するのでしょうか? You can do it if you put your mind to it. この表現は、日本語の「やればで

値引き交渉時の「まけてくれへん?」を自然な英語で

提示された価格よりももっと安くしてほしい場合、日本語では「もうちょっと安くなりませんか?」や「もう少し値引きできないですかね?」のように値引き交渉しますが、英語だとどのように表現するのでしょうか? Can you give me a bet

「軽く食事をする」や「軽食をとる」を自然な英語で

友人や同僚を食事に誘う時、日本語では「軽く食事でもしない?」と表現することがありますが、英語ではどのように表現するのでしょうか?今回は、アメリカでよく耳にするフレーズを2つご紹介いたします。 1) Grab a bite →「軽い食事をする

英語で「朝型タイプ」と「夜型タイプ」

皆さんは朝早く起きてアクティブに活動する朝型タイプですか?それとも夜になると活発になり夜更かしをしてしまう夜型タイプですか? 今回は、そんな朝型タイプの人と夜型タイプの人を表す英表現をご紹介します。 1) An early bird →「朝