ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)


英語のリスニングで、一つひとつの単語はなんとなく聴き取れるけど、意味がきちんとつかめない…そんな時は、イディオム(慣用句)の習得に力を入れてみると良いかもしれません。
英語には、単語一つひとつを直訳しても意味をなさないイディオムが数多くあります。中には、ネイティブはよく使うけど、日本人は意外と知らないものも。そこで、ここでは日本人が意外と知らない、でも知っていると仕事にも役に立つイディオムをご紹介します。ビジネスシーンの例文と、その音声をセットでご紹介するので、ぜひ、声に出して練習してマスターしてください!

つづきを読む

関連記事

「覚えてない」をいつも「I don’t remember」と言っている人へ

「I don’t remember(覚えてません)」は、恐らく多くの人にとって、口癖とも言えるほど定着した表現になっているのと同時に、もっと他の言い回しをしたいと思っている人も少なくないかと思います。そこで今回は、「I don&

「やればできる」は英語で?

新しいことへの挑戦を躊躇している友人や同僚に対し、「やればできるよ!」と激励する時、英語ではどのように表現するのでしょうか? You can do it if you put your mind to it. この表現は、日本語の「やればで

値引き交渉時の「まけてくれへん?」を自然な英語で

提示された価格よりももっと安くしてほしい場合、日本語では「もうちょっと安くなりませんか?」や「もう少し値引きできないですかね?」のように値引き交渉しますが、英語だとどのように表現するのでしょうか? Can you give me a bet

ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part2】

「ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム」は、大変ご好評をいただきました。そこで、日本人が意外と知らない、でも知っていると仕事にも役に立つイディオム(慣用句)の「第2弾」をご紹介します!