スラングの英語のvibesはどう使うのでしょうか? 人、音楽、場所に対しての意味と使い分け – 英語 with Luke


スラング辞典 2018.07.02 Luke

vibesは振動を意味するvibrationsを短縮した英語ですが、vibrationsと全く違う意味になります。
また、vibesは人、音楽、ビルに対してよく使われていますが、使い方とパターンは異なります。

目次

場所に対してvibesを使う場合、意味はその場所の雰囲気や空気になります。例えば、不気味なビルはbad vibesがあると言えます。

つづきを読む

関連記事

「Do you like」よりも会話が弾む「How do you like」

恐らく多くの方にとって、「Do you like…?」の質問は、英語を話す際のお決まりフレーズになっているのではないでしょうか。しかし、もしその後の会話を弾ませたいのであれば、代わりに「How do you like…?」と表現することをお

「Classic」の意外な使い方

Classicといえば何を思い浮かべますか?クラシックバレエや音楽、またはクラシックカーなどといったところでしょうか?決して間違いではありませんが、classicは他にも日本人にとっては意外な意味としてネイティブの間では使われています。 1

「元気出して!」は英語で?

落ち込む友人に対して「元気を出せよ!」と英語で言いたい場合は、どのように表現の仕方がありますか? Chin up Chinは「顎」、Upは「上」を意味し、この表現を直訳すると「顎を上げろ」になることから、「Chin up」は元気がなく下を向

「くよくよするなよ」は英語で?

大好きだった恋人との失恋から立ち直れずにいつまでも落ち込んでいたり、仕事のミスをいつまでも引きずっている相手に対し、「くよくよするなよ」と励ますときは、英語でどんな言葉をかけてあげればいいでしょうか? Don’t dwell o

「気にしないで」や「心配しないで」を「Don’t worry」以外で表現

誰かの否定的な発言のせいで夜も眠れないくらい悩んでいる友人や、イライラしてむしゃくしゃしてる友達、仕事のミスで落ち込んでいる同僚に「気にすることはないよ」と言葉をかける時、英語では「Don’t worry.」以外にどんな励ましの

「気合を入れる」は英語で?

今回は、仕事で大規模で手間のかかるプロジェクトやタスクに取り掛かる際に、上司が従業員に対して「さあ、みんな気合を入れていこう!」とカツを入れるための定番表現を2つご紹介します。 1) Roll up one’s sleeves

第219回インタビュー企画(Yusei Fujita)「Hapa英会話ポッドキャストヘビーユーザーが語る英語習得法」

今日のゲストは自分のことを、「Hapa英会話ポッドキャストのヘビーユーザー」と名乗る、藤田湧聖さんです。鹿児島県で生まれ育ったYuseiさんは、英語を話すチャンスや外国人と交流する機会になかなか恵まれませんでした。しかし、それを理由に英語学