「There you go」の5つの用法


皆さんは「There you go」という表現を聞いたことがありますか?非常にシンプルな表現ではありますが汎用性がとても高く、日常生活において使えるシーンは多々あります。そこで今回は、最も代表的な用法5パターンをご紹介しようと思います。

相手からリクエストされた物や、相手が必要だと思うものを渡す時に使われる決まり文句で、日本語の「はい、どうぞ」と同様の意味を成します。特にレストランやお店などで店員さんにお金を支払う際によく使われます。

つづきを読む

関連記事

「Do you like」よりも会話が弾む「How do you like」

恐らく多くの方にとって、「Do you like…?」の質問は、英語を話す際のお決まりフレーズになっているのではないでしょうか。しかし、もしその後の会話を弾ませたいのであれば、代わりに「How do you like…?」と表現することをお

「Classic」の意外な使い方

Classicといえば何を思い浮かべますか?クラシックバレエや音楽、またはクラシックカーなどといったところでしょうか?決して間違いではありませんが、classicは他にも日本人にとっては意外な意味としてネイティブの間では使われています。 1

「気にしないで」や「心配しないで」を「Don’t worry」以外で表現

誰かの否定的な発言のせいで夜も眠れないくらい悩んでいる友人や、イライラしてむしゃくしゃしてる友達、仕事のミスで落ち込んでいる同僚に「気にすることはないよ」と言葉をかける時、英語では「Don’t worry.」以外にどんな励ましの

「くよくよするなよ」は英語で?

大好きだった恋人との失恋から立ち直れずにいつまでも落ち込んでいたり、仕事のミスをいつまでも引きずっている相手に対し、「くよくよするなよ」と励ますときは、英語でどんな言葉をかけてあげればいいでしょうか? Don’t dwell o

christmas-1.jpg

ネイティブが使う!クリスマスにちなんだ英語イディオム7選

ネイティブが使う数多くのイディオムの中から、クリスマスにちなんだ表現を7つご紹介します。クリスマスにちなんだものですが、表現自体は1年中使える便利なものばかりです。