「The best」以外の言い回しで「1番」や「最高」を表現しよう


「Best(最高)」という表現は日本語でも使われていることから、英語で何かが最善であることを説明するときも、毎回毎回「Best」しか使わない人は結構多いかと思います。そこで今回のコラムでは、Bestの代わりにネイティブが使っている表現を2つご紹介いたします。

この表現の直訳は「誰に対しても2番目にはならない」。要するに最も優れていることを意味します。商品やサービス、またはレストランなどが「他と比べようもないくらい素晴らしい」「最高である」であると思った時はこの表現を使ってみましょう。

つづきを読む

関連記事

確信度合いによって異なる「思う」の英語

自分の考えや気持ちを伝える時「I think」が頻繁に使われている表現かと思いますが、それ以外にも「思う」を表す英語は沢山あり、確信している度合いによって表現の仕方も使い分けられています。今日のコラムでは、分かりやすいように確信度を%で表し

「Really?」だけじゃない、「マジで?」を意味する英表現

ありえないような話を聞いて驚いた時、「ホントに!?」「マジで?」「ありえない!」などと返答すると思いますが、皆さんは英語で「Really?」ばかり使っていませんか?もちろんそれでもいいんですが、今回は「ホントに!?」のリアクションがワンパタ

「元気出して!」は英語で?

落ち込む友人に対して「元気を出せよ!」と英語で言いたい場合は、どのように表現の仕方がありますか? Chin up Chinは「顎」、Upは「上」を意味し、この表現を直訳すると「顎を上げろ」になることから、「Chin up」は元気がなく下を向

「くよくよするなよ」は英語で?

大好きだった恋人との失恋から立ち直れずにいつまでも落ち込んでいたり、仕事のミスをいつまでも引きずっている相手に対し、「くよくよするなよ」と励ますときは、英語でどんな言葉をかけてあげればいいでしょうか? Don’t dwell o

「気にしないで」や「心配しないで」を「Don’t worry」以外で表現

誰かの否定的な発言のせいで夜も眠れないくらい悩んでいる友人や、イライラしてむしゃくしゃしてる友達、仕事のミスで落ち込んでいる同僚に「気にすることはないよ」と言葉をかける時、英語では「Don’t worry.」以外にどんな励ましの

「work hard」だけじゃない「一生懸命働く」の英表現

一生懸命働くことを「work hard」と表現することが一般的だと思いますが、ネイティブの会話では他にも様々な言い方が存在します。そこで今回は、アメリカ人の日常会話で良く使われている口語的な表現を2つご紹介します。 1) Work one&

「気合を入れる」は英語で?

今回は、仕事で大規模で手間のかかるプロジェクトやタスクに取り掛かる際に、上司が従業員に対して「さあ、みんな気合を入れていこう!」とカツを入れるための定番表現を2つご紹介します。 1) Roll up one’s sleeves

Hapa英会話で一緒に働きませか?フロントエンドエンジニア募集中

Hapa英会話では、一緒に働くフロントエンドエンジニアを現在募集しております。フレキシブルな勤務形態で、一緒により良いコンテンツとサービスの提供を目指しましょう!ご応募、お待ちしております。 フロントエンドエンジニア 仕事内容 Hapa英会