「Nothing but」の簡単な使い方


皆さんは「Nothing but」と言うフレーズはご存じですか?意味は知っていても、実際に使ったことがない人も多いのではないでしょうか?日本語の感覚で考えると、ちょっと使い方がややこしいかと思いますが、ちょっとしたポイントを理解するだけで、誰でも簡単に使いこなせるようになるので是非マスターしちゃいましょう!

「〜だけ」や「〜しか」、または「〜ばかり」などonlyと同じ意味合いとして使うパターンです。ポイントは、onlyよりも特定のものに限定されていることを強調していることです。例えば「He only eats junk food.」より「He eats nothing but junk food.」と言ったほうが、ジャンクフードばかり食べてるイメージが相手によく伝わるでしょう。

つづきを読む

関連記事