「Nothing but」の簡単な使い方


皆さんは「Nothing but」と言うフレーズはご存じですか?意味は知っていても、実際に使ったことがない人も多いのではないでしょうか?日本語の感覚で考えると、ちょっと使い方がややこしいかと思いますが、ちょっとしたポイントを理解するだけで、誰でも簡単に使いこなせるようになるので是非マスターしちゃいましょう!

「〜だけ」や「〜しか」、または「〜ばかり」などonlyと同じ意味合いとして使うパターンです。ポイントは、onlyよりも特定のものに限定されていることを強調していることです。例えば「He only eats junk food.」より「He eats nothing but junk food.」と言ったほうが、ジャンクフードばかり食べてるイメージが相手によく伝わるでしょう。

つづきを読む

関連記事

「Mean」の用法に柔軟性を!

Meanは「意味」や「意味する」だけではなく、ネイティブは他にも様々な意味合いとして使っているのはお気づきですか?普段の会話で、誰しもがよく口にする台詞の中に、実はmeanはよく潜んでいるんです。 1) You are so mean! →

「胸」だけじゃない!「Bust」の使い道

「Bust」と聞くと、恐らく多くの人が最初に「胸」を連想するかと思いますが、実はこの単語、ネイティブの会話の中でよく使われるスラングでもあり、その場合、意味合いも全く異なってきます。そこで今回は、ネイティブの日常会話で最もよく耳にする3つの

会話をより自然にする「So」の使いこなし術

日本の多くの方は「so」と言えば「〜だから」や「とても〜」として使用しているのではないでしょうか?決して間違いではありませんが、ネイティブの日常会話では他にも様々な状況で頻繁に使われる単語なので、その代表的なパターンをご紹介しようと思います