「In the same boat」の意味と使い方


「I’m in the same boat」直訳すると「私も同じ船に乗っています」になりますが、相手と同じ問題を抱えたり、同じような苦労をして共感できる気持ちを表す便利なフレーズです。「Boat(船)」を「困難な状況」として考えると分かりやすいでしょう。

ここでいう「同じ状況/立場」とは、困難な状況やあまり好ましくない状況など、ネガティブなニュアンスを指します。「Me too(私も同じです)」と使い方が似ていて、相手の苦労や問題に対して「私も同じだ」という使い方をする。

つづきを読む

関連記事

「胸」だけじゃない!「Bust」の使い道

「Bust」と聞くと、恐らく多くの人が最初に「胸」を連想するかと思いますが、実はこの単語、ネイティブの会話の中でよく使われるスラングでもあり、その場合、意味合いも全く異なってきます。そこで今回は、ネイティブの日常会話で最もよく耳にする3つの

会話をより自然にする「So」の使いこなし術

日本の多くの方は「so」と言えば「〜だから」や「とても〜」として使用しているのではないでしょうか?決して間違いではありませんが、ネイティブの日常会話では他にも様々な状況で頻繁に使われる単語なので、その代表的なパターンをご紹介しようと思います

意外と知られていない「Please」の用法

おそらく日本人の多くの方にとって、英語の「Please」と言えば、お願いをごとをする時の定番表現だと思います。しかし、アメリカ人の間では他の意味としてもよく使われているので、その意味と用法をご紹介しようと思います。 You can&#821