「Anyway」?「Anyways」?「By the way」? 場面に応じた正しい使い分け


「Anyway」「Anyways」と「By the way」は全て話題を変える時に使われるフレーズですが、状況によって使い分けする必要があります。使い方によってはネイティブの人をイラっとさせることにもなり兼ねないので、3つそれぞれの正しい使い方を習得しましょう。

「Anyway」は基本「話題を変える」時に使われます。今、話している話題を終らせ、新しいトピックを紹介する時に「Anyway」が用いられます。例えば、同僚と仕事の話しをしていて急に「今夜どこに食べに行きましょうか?」話題をガラッと変える場合は「Anyway, where do you want to go eat tonight?」になります。但し、「Anyway」は話題の転換だけに限らず以下のような状況でも使われます。

つづきを読む

関連記事

ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part1】

英語には、単語一つひとつを直訳しても意味をなさないイディオムが数多くあります。この記事では、日本人が意外と知らない、でも知っていると仕事にも役に立つイディオムをご紹介します。ビジネスシーンの例文と、その音声をセットでご紹介します。

「ボロ勝ち」や「ボロ負け」は英語で?

スポーツの試合について会話をしているなかで、「ボロ勝ちだったね」と言いたい場合、英語ではどのように表現しますか? That was a blow out. 「Blow out」は状況に応じて様々な意味をもつ表現ですが、スポーツについての会話

ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part2】

「ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム」は、大変ご好評をいただきました。そこで、日本人が意外と知らない、でも知っていると仕事にも役に立つイディオム(慣用句)の「第2弾」をご紹介します!

提案時に使える「ちょっと付け加えたいのですが」は英語で?

相手の発言や意見に対して、自分の考えや提案を述べる時に日本語では「ちょっと付け加えてもいいですか?」とワンクッションを置いて会話を始めることがよくありますが、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか? I’d like to