「Another」と「Other」の違いと使い分け


今日は多くのと人が間違えがちな「another」と「other」の使い分けについてご紹介します。両方とも直訳は「他の」や「別の」となり、日本語では使い分けがされないため混乱しがちかと思いますが、一度ルールを覚えてしまえば意外と簡単に区別できます。

Anotherは元々AnとOtherを組み合わせた単語で、単数形と合わせて使われます。意味は「もう1つの・もう1人の」になりますが、そこには「追加で」といったニュアンスが含まれます。 例えば、既に車を持っているが、新たにもう一台購入した場合は「I bought another car.」になります。

つづきを読む

関連記事