「~と言えば」や「そう言えば」は英語で?


日本語で会話をしている最中、何かしらのキーワードやキーフレーズを耳にしたことで、「〜と言えば」と言ってから、思い付いたことや言いたいことを発言することがよくありますが、英語にも同じような表現があるのでご紹介しようと思います。

この表現は、会話をする中で、相手または自分が発言した内容と何か関連する話題がふと頭に思いついた時の「〜と言ったらさ」や「〜の話で思い出したけど」のニュアンスとしてよく使われます。基本的に「Speaking of」の後は、インスピレーションされたキーワードやキーフレーズが続きます。

つづきを読む

関連記事