「(人が)行く」以外の “go” の便利で簡単な使い方

1255-650x430.jpg

go って日常英会話でとってもよく使いますよね。誰もが知っている「行く」という意味です。

では、人ではなく物が go する使い方ってどんなのがあるんでしょうか?
今日は go が人間以外に使われるパターンを紹介したいと思います。

海外旅行などで慣れない場所を移動するのに、安くて便利なバス。

でも、どこから乗ってどこで降りたらいいか分からないし不安・・・という人、結構いるんじゃないでしょうか?
実際、海外のほとんどのバスは日本のバスのように「次は◯◯」なんていう案内はないと思います。

つづきを読む

関連記事

「胸」だけじゃない!「Bust」の使い道

「Bust」と聞くと、恐らく多くの人が最初に「胸」を連想するかと思いますが、実はこの単語、ネイティブの会話の中でよく使われるスラングでもあり、その場合、意味合いも全く異なってきます。そこで今回は、ネイティブの日常会話で最もよく耳にする3つの

会話をより自然にする「So」の使いこなし術

日本の多くの方は「so」と言えば「〜だから」や「とても〜」として使用しているのではないでしょうか?決して間違いではありませんが、ネイティブの日常会話では他にも様々な状況で頻繁に使われる単語なので、その代表的なパターンをご紹介しようと思います

結構使われている「Track」を用いた英表現

名詞では「人や車などが通った跡」や「競技場のトラック」、動詞としては「追跡する」等を意味する「Track」ですが、日常英会話の中で使いこなしている日本人は少ないように感じます。しかしネイティブの会話の中では結構よく使われる単語なので、今回は