「遠慮しないで」って英語で言うと?お手伝いを申し出る親切な10のフレーズ

6a7b95529331cca0ef9df00ffde1b8d5.jpg

外国人が困っているとき、お手伝いやサポートが必要なときに「あ、手伝いますよ〜」と気軽に言えますか?一言かけずにいきなり手伝いを始めてしまうのも相手を驚かせてしまいます。シチュエーションに合わせて上手にお手伝いを申し出ましょう。

I’ll 動詞 for you. で「〜してあげるよ」という意味になります。ここの例文ではcloseという動詞を使って「閉めてあげる」というい意味の例文を作りました。シチュエーション的には誰かが両手に荷物を持っていることに気づいたあなたが「ドア開けるよ!」とドアの方に自ら駆け寄っていく感じです。道端の全くの他人に言ってもOKです。

つづきを読む

関連記事

ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part1】

英語には、単語一つひとつを直訳しても意味をなさないイディオムが数多くあります。この記事では、日本人が意外と知らない、でも知っていると仕事にも役に立つイディオムをご紹介します。ビジネスシーンの例文と、その音声をセットでご紹介します。

「ボロ勝ち」や「ボロ負け」は英語で?

スポーツの試合について会話をしているなかで、「ボロ勝ちだったね」と言いたい場合、英語ではどのように表現しますか? That was a blow out. 「Blow out」は状況に応じて様々な意味をもつ表現ですが、スポーツについての会話

ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part2】

「ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム」は、大変ご好評をいただきました。そこで、日本人が意外と知らない、でも知っていると仕事にも役に立つイディオム(慣用句)の「第2弾」をご紹介します!

提案時に使える「ちょっと付け加えたいのですが」は英語で?

相手の発言や意見に対して、自分の考えや提案を述べる時に日本語では「ちょっと付け加えてもいいですか?」とワンクッションを置いて会話を始めることがよくありますが、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか? I’d like to

日本人がよく誤解する「You」の使い方

英語の「You」は「あなた」を意味することは説明するまでもないですが、ネイティブの日常会話では「あなた」以外の意味としても使われていることはご存知ですか?その用法を理解しておかないと、大きな勘違いをしてしまいかねないので、しかっり覚えておき