「胸」だけじゃない!「Bust」の使い道


「Bust」と聞くと、恐らく多くの人が最初に「胸」を連想するかと思いますが、実はこの単語、ネイティブの会話の中でよく使われるスラングでもあり、その場合、意味合いも全く異なってきます。そこで今回は、ネイティブの日常会話で最もよく耳にする3つの「Bust」の使い方をご紹介したいと思います。

この表現は、悪いことをして警察に捕まったり、犯罪を犯して逮捕されることを意味する「Get arrested」と同じニュアンスで使われますが、より口語的な言い方になります。例えば、「彼は薬物で逮捕された」は「He got busted for drugs.」と表現します。また、カンニングや授業をサボったことなどがバレて処分を受ける場合にも用いることができます。「Get in trouble(トラブルになる)」に置き換えて使えます。

つづきを読む

関連記事

「胸」だけじゃない!「Bust」の使い道

「Bust」と聞くと、恐らく多くの人が最初に「胸」を連想するかと思いますが、実はこの単語、ネイティブの会話の中でよく使われるスラングでもあり、その場合、意味合いも全く異なってきます。そこで今回は、ネイティブの日常会話で最もよく耳にする3つの

会話をより自然にする「So」の使いこなし術

日本の多くの方は「so」と言えば「〜だから」や「とても〜」として使用しているのではないでしょうか?決して間違いではありませんが、ネイティブの日常会話では他にも様々な状況で頻繁に使われる単語なので、その代表的なパターンをご紹介しようと思います

結構使われている「Track」を用いた英表現

名詞では「人や車などが通った跡」や「競技場のトラック」、動詞としては「追跡する」等を意味する「Track」ですが、日常英会話の中で使いこなしている日本人は少ないように感じます。しかしネイティブの会話の中では結構よく使われる単語なので、今回は

第219回インタビュー企画(Yusei Fujita)「Hapa英会話ポッドキャストヘビーユーザーが語る英語習得法」

今日のゲストは自分のことを、「Hapa英会話ポッドキャストのヘビーユーザー」と名乗る、藤田湧聖さんです。鹿児島県で生まれ育ったYuseiさんは、英語を話すチャンスや外国人と交流する機会になかなか恵まれませんでした。しかし、それを理由に英語学