「もう行かなきゃ」を英語で言うと?別れ際に使える10の英語表現

6112b96edf3d3a0cf33d56111406648a.jpg

別れの挨拶に、Good bye以外の言い方が沢山あるのは、皆さんもご存知かと思いますが、さよならの少し前に言う「帰ります」という言い方も何通りもあります。今日は、カジュアルに使える「もう行かなくては」という10の表現をご紹介します!

「ここから出て行く」が、転じて「帰る」となります。

多少「こんな所に、これ以上いられるか。」という意味が含まれていますので、パーティーの主催者などに言うのは、失礼にあたるでしょう。この表現をよく聞くのは、仕事終わりなどに同僚同士で「あ~終わった!じゃ、帰るわ。」というような場面です。

つづきを読む

関連記事

「I do like」の意味わかりますか?

先日の記事『「Do」を使った5つの定番フレーズ』では、疑問文以外に「Do」を使った用法をいくつか紹介しましたが、今回は「do」+「動詞」の組み合わせによる用法について触れてみようと思います。動詞を続けて使うのは文法的には間違っているのでは?

ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part1】

英語には、単語一つひとつを直訳しても意味をなさないイディオムが数多くあります。この記事では、日本人が意外と知らない、でも知っていると仕事にも役に立つイディオムをご紹介します。ビジネスシーンの例文と、その音声をセットでご紹介します。

「ボロ勝ち」や「ボロ負け」は英語で?

スポーツの試合について会話をしているなかで、「ボロ勝ちだったね」と言いたい場合、英語ではどのように表現しますか? That was a blow out. 「Blow out」は状況に応じて様々な意味をもつ表現ですが、スポーツについての会話

日本人がよく誤解する「You」の使い方

英語の「You」は「あなた」を意味することは説明するまでもないですが、ネイティブの日常会話では「あなた」以外の意味としても使われていることはご存知ですか?その用法を理解しておかないと、大きな勘違いをしてしまいかねないので、しかっり覚えておき