英語 with Luke

ど忘れを英語で言うと?

僕はよく、ど忘れをしてしまいます。買って来てと言われた物を買い忘れる、シーズン3まで観ているドラマの主人公の名前が思い出せない、今何を言おうとしていたか忘れるなど、将来が心配になるほど頻繁にど忘れをします。今回は、「忘れる」ではなく、「ど忘れ」にぴったりのフレーズを紹介したいと思います。

英語の婉曲表現 、神への冒涜を避ける英単語

驚いた時、怪我した時、嫌なことがある時に、ネイティブはよくChrist、Jesus、Jesus Christ、Godなどと言います。しかし、このように神様の名前をみだりに使うのは、冒涜とされています。 英語では、こうした表現をblasphemyと言います。

理解するを意味する5つの面白い英語のフレーズ

「理解する」と英語で言いたい時には、通常「understand」を使いますが、「understand」以外の面白い英語の表現が沢山あります。

ring a bellの意味と使い方

皆さんは、何かを思い出した時やピンと来た時に、自分の頭の中で鐘が鳴るのをイメージした事はありますか?ネイティブは、なんとなく何かを思い出した時などに「鐘を鳴らす」という意味のring a bellという表現をよく使います。

watch out forというややこしい英語の3つの意味

watch out forはよく耳にするフレーズですが、使い方は意外に難しいです。

cornyの意味とは? このスラングはトウモロコシと何か関係があるのでしょうか?

cornyは何百年も前から使われている形容詞で、「トウモロコシっぽい」や「トウモロコシと関係がある」という意味です。しかし、1930年代からスラングとして使われるようになりました。最初はジャズ・ミュージシャンが使っていて、ジャズの演奏スタイルが流行遅れのときに「This style is corny.」などと言いました。cornyのイメージは田舎から都会にやって来たジャズ・ミュージシャンが演奏するスタイルでした。また、田舎に住んでいる人が好みそうなジャズのスタイルのことでもあります。

現在、cornyは「ダサい」や「陳腐な」という意味で使われており、よりフォーマルな英語で表すには、triteやhackneyedなどをお勧めします。また、cheesy という英語に近いです。

relaxedとrelaxingはどのように使い分けられているでしょうか

先日、I am a very relaxing person.という英語を耳にしました。さて、これは正しい英語でしょうか。まず、次の二つの例をみて下さい。

stay awayとget away の違いはなんでしょうか?

stay awayとget awayは恋愛についての歌詞や映画によく出てきます。特に、執拗につきまとう相手に対して使われています。しかし、stay awayとget awayを使い分けるのは難しいので、今回 stay away と get awayの違いを説明してみたいと思います。

アメリカで流行っているbroという呼びかけ

僕はYoutubeのビデオをよく観ます。その中で最も人気のある人は、Pewdiepieです。彼を嫌う人は少なくはないと思いますが、僕は彼の勤労意欲に関心させられ、彼が数年前から毎日面白いビデオを作ることに驚嘆しています。彼は、ビデオでbroという呼びかけをしょっちゅう使うので、今回broの使い方について説明したいと思います。

classic guitar と classical guitarの違いとは?

日本人は英語で話す時に、classic guitarとよく言ってしまいます。多くの方はclassic guitarではなく、classical guitarと言うつもりだと思います。しかし、classic guitarは間違っている英語ではないので、今回この違いを説明したいと思います。

1 2 3 4 6